事前に把握しておくべき施術の特徴

トップページ > 美容外科ダイエットの基礎知識

痩身願望は年代や性別に関わらず多くの人が興味あることです。できれば時間もかけずに美しく痩せたい、若々しい健康的な体型になりたいという思いをもってダイエットに取り組むのではないでしょうか。

ダイエットの知識を持つほどに、十分な効果が得られて効率の良い医療痩身に取り組むことは自然な流れかもしれません。こちらでは医療痩身を受けるにあたり知っておきたいことをまとめてみました。

1、リバウンドはあるか

施術によっては脂肪吸引や脂肪そのものを溶かして少しずつ体外に排出するため、数日のうちに体重や体内脂肪率が戻るということはありません。

しかし、成人に必要な摂取量を過度に上回るような食事を摂取し続けると新たに脂肪が付き体重が戻ってしまうことはあるでしょう。食事制限する必要はありませんが油断しないことが必要です。

2、痛みが気になる

メスを使う場合はもちろん麻酔は取り入れますが、施術後の痛み止めを処方したり、注射による施術の場合も希望者には麻酔ゼリーなどで痛みを和らげることが多いようです。

3、皮膚が伸びたり腫れなどの術後の後遺症は?

皮膚のたるみ
脂肪が急激に無くなるとその分たるみを感じることがあるかもしれませんが、細胞やコラーゲンがが少しずつ増殖して違和感が無くなるでしょう。
腫れ
メスを使った脂肪吸引を行うとダウンタイムまで一定期間腫れが出る可能性がありますが、抜糸をした後ある程度時間が経過すれば改善することがほとんどです。
傷跡
脂肪吸引を行う場合は特に医師との十分なカウンセリングは必要ですが、メスを使った場合でもごく小さい箇所を切開することにより、傷跡はほぼ気にならなくなるでしょう。

4、金額に上限がある

予算内で適切な施術やダイエット薬を組み合わせて行うことが可能です。数千円から数十万円と施術の種類にも様々なタイプが存在するため、無理をして支払いに困窮するするような高額なメニューを選ぶ必要はありません。

5、妊娠中や生理中でも施術可能か

妊娠中は施術ができない場合がほとんどですが、生理中の場合は体調が良好であれば通常通り行うことができると言われています。

いずれにしても施術前に十分な医師とのカウンセリングや信頼関係を築いておくことが重要です。

Copyright (C) 2014 美容外科クリニックのダイエット施術を徹底解説!【医療痩身ナビ】 All Rights Reserved.