キャビテーションの効果と特徴

トップページ > キャビテーションの効果と特徴

キャビテーションの意味は気泡、空洞現象を指します。超音波には特定の圧を加えることで、気泡や空洞を発生させ異物を破壊する働きがありますが、それを利用して美容面以外にも医療行為などあらゆる分野で用いられているのです。

キャビテーションの施術方法

固まったセルライトや脂肪にかけて体外から超音波を当て、狙った箇所にキャビテーション現象を起させます。すると気泡がはじける衝撃によって脂肪細胞膜がダメージを受け破裂し、やがて溢れ出た脂肪細胞が少しずつリンパや血管に取りこまれやがて体の外へ排出されるという流れです。

1回あたりは10分から20分程度と短く、腹部や二の腕、太ももなど脂肪やセルライトが付いているあらゆる箇所に対応可能で、数カ所同時に施術するクリニックも多いでしょう。

施術の目安としては1週間に数回、トータルで10回以内がセットというクリニックが多く、回数が増えるごとに痩せやすい体を作ることが目標です。

メリット

  • 脂肪細胞数を確実に減少させるため、リバウンドも無く効果的な痩身を安全に行うことができます。
  • 目に見えて効果が現れるまで時間がかかりますが、メスによる切開や麻酔を使わないため安全に痩身効果が得られます。
  • 痛みや腫れなどの副作用も一切ありません。

デメリット

施術後のマッサージの必要性
超音波を当てると確かに脂肪細胞膜が破られて脂肪細胞は外へと排出されるのですが、代謝が活性化しなければ体内に留まる可能性もあるため、施術後数時間内にマッサージを行い、リンパの流れに確実に排出された脂肪を流すことが重要なのです。
ですから確実に効果を得る為にはキャビテーションとマッサージをセットとして認識しておく必要があり、クリニックによってはマッサージが別料金になっている場合があるのでしっかり確認しましょう。
実感するまでに時間がかかる
切らずに脂肪細胞数を減らし施術を行える反面、ダイエット効果は脂肪吸引に劣るでしょう。

キャビテーションのコスト

1回でおよそ1万円から2万円ですが基本的に数回かけて行うことが多く、キャビテーションとマッサージで6回あたり約10万円から30万円程度が相場です。

Copyright (C) 2014 美容外科クリニックのダイエット施術を徹底解説!【医療痩身ナビ】 All Rights Reserved.