エステの施術と医療痩身の違いを比較

トップページ > エステサロンと美容外科クリニックの施術の違い

雑誌やテレビでは連日のようにダイエット特集が組まれている程に、痩身は国民的関心が高いようです。劇的な変貌をとげた人気セレブの体型についてはどのような方法でダイエットしたのかと噂もよく流れていますね。

しかし確実性があると言われる、エステサロンと医療クリニックでの痩身の違いがわからないという人も多いようです。

エステサロンでの痩身

民間資格を持つエステティシャンが施術することがほとんど
現在の日本では、店舗によりますがある程度経験さえつめばエステティシャンとして働くことができる状況なのです。
水分を体外に排出させるメニューが多い
スリミング系メニューが人気が高いと言われていますが、実際に脂肪を吸引して体外に排出することはなく、オイルなどを用いた手技によるマッサージによってリンパの流れをスムーズにしたり、老廃物を汗と一緒に出しやすくすることがメインです。
代謝が良くなり体質改善につながる
代謝が向上しやすい体に近づくことは確かですが、必ず何度か通う必要があり、時間をかけて体質を変化させていくという定義が曖昧な部分があることは否めません。
サプリメントは薬ではない
ビタミン類や脂肪燃焼効果のあるサプリメントなども販売していますが、あくまで補助的なもので医薬品扱いではありません。

医療痩身の場合

医者による指導
実際に国家資格を持った医師によって施術やカウンセリングを行うため、誰でも開業できるわけではありません。
脂肪細胞数を減らす医療行為
機械や注射を用いた医療行為を行うことで確実に脂肪を減少させます。数日後に体重やサイズが戻るということは無く、施術によっては1回の施術で大幅にサイズダウンを見込め、数ヶ月内に脂肪率が変化します。
マッサージはアフターケアーとして必要
医療痩身の場合でもマッサージで血液循環やリンパの流れを改善する効果は十分にあると考えられていますが、あくまでも施術後の肌を美しく滑らかにする目的がほとんどです。
国内外の主要機関で認められた医薬品を扱う
クリニックで扱うダイエット薬は医師の処方箋が必要な医薬品でドラッグストアや通販などで購入できません。食事に関しては管理栄養士や医師によって考えられた栄養バランスの整ったメニューを提案します。
Copyright (C) 2014 美容外科クリニックのダイエット施術を徹底解説!【医療痩身ナビ】 All Rights Reserved.