ダイエット薬の効果と特徴

トップページ > ダイエット薬の効果と特徴

サプリメントや食事療法と違い、医療機関において痩身を目的とする経口ダイエット薬のことで医師の指導の元に服用します。特に運動や食事制限、通院などは必要なく飲むだけで健康的に痩せることができ、日常生活に支障をきたすこともありません。

主なダイエット薬

サノレックス
国内では唯一厚生労働省で認可されています。
ゼニカル
アメリカでは日本の厚生労働省にあたるFDAに安全性を認められています。

サノレックスのメリット

  • 脳の神経に働きかけるため、空腹感を無理矢理我慢することなく自然に食欲や食事量を抑えることができます。
  • 基礎代謝の向上が得られるため、運動を併用すると簡単に脂肪が燃焼し、健康的に体重を落とせるでしょう。

ゼニカルのメリット

アメリカでは肥満治療薬として確立しています。通常リパーゼとよばれる肝臓からの分泌液内の酵素によって脂肪は分解されてやがて腸に吸収されますが、ゼニカルはリパーゼの働きを弱め脂質を吸収させず体外に便として排出させます。

食前にゼニカルを摂取すると油分の多い食品を摂取しても体に吸収させないため、体重増加に繋がらないのです。アメリカの場合は食事の前に毎回摂取することが多いようですが、日本の食事内容を考えると夕食前で十分効果はあると言われています。

ダイエット薬のデメリット

  • あくまでもダイエットサポートとして捉えておく
  • 飲めば脂肪が減少して痩せるというものではありません。
  • 海外では肥満体の方が摂取の対象となり10キロや20キロ単位で減量に成功することも多いですが、数キロ程度の減量希望の場合は効果を感じにくいでしょう。
  • 脳や神経系統に作用するこのへのリスク
  • 倦怠感や脱力感、便意や膨満感といった副作用が現れることが多く、妊娠中や心臓や緑内障などの疾患を抱えている人には処方されません。
  • 安価な物が出回っていますが、副作用の面を考慮しても正規品を医師の指導の元で購入することが適切です。

ダイエット薬のコスト

サノレックスは1シート10錠で約5千円程度、ゼニカルは1カプセルあたり300円程度が相場です。

Copyright (C) 2014 美容外科クリニックのダイエット施術を徹底解説!【医療痩身ナビ】 All Rights Reserved.